What's the Canoe (Kayak)
カヌー&カヤックとは

カヌーとカヤックに厳密な区別はなく、艇の上側の開口部の違いで呼び分けています。

カヌー&カヤックとは

カヌーとカヤック日本ではカヌーとカヤックがあまり区別されておらず、どちらかといえばカヤックのイメージを強く捉えてカヌーと総称しているようです。

カヌーは厳密にいえば「オープンデッキ・シングルパドルを使った水上の乗り物」です。船体上部は開いていてボートのようになっていて、水を掻くためのブレードが片方だけに付いているパドルを使います。主に静止している静水か緩い流れがある川で使用します。

シングルパドルを使うので、慣れるまで艇を真っ直ぐに進めるだけでも一苦労がありますが、静水においては流されることがなく船体が安定します。それに対してカヤックは「クローズドデッキ・ダブルブレードを使った水上の乗り物」で、船体全体が覆われていてバナナのような形になっています。

船体上部真ん中に開けられた穴から腰まですっぽりと入り、上半身だけを船体から出るようにして、ブレードが両端についたパドルを操ります。的確さは必要ですが操作性に優れ、流れのある川、海に適しています。スピーディで機敏な動きができる船体幅の細いレーシングタイプから、幅が広くバランスのとりやすい初心者向けのタイプなど、さまざまな形状があります。

カヌーやカヤックは、川なのか海なのか、流れが強いのか穏やかなのか、使用するフィールドによって艇を選びます。

水面近くの視点から空や山々を見上げながら、ゆったりと流れとともに移りゆく景観を楽しむツーリングや、巧みにパドルを操りながら複雑な流れを進む躍動感のある急流下りなど、レジャーとしてもスポーツとしても、年齢や体力に関係なく自然の中で静と動を楽しめる数少ない存在です。